日本化薬グループのありたい姿

 主にコロナウイルス感染症拡大の影響により、中期事業計画 KAYAKU Next Stage の数値目標が達成困難になる等外部環境も変化したため、そのバックキャスト元であった「日本化薬グループのありたい姿」について見直しを行いました。
 各事業において既存の事業であるコア分野のほか、その周辺で製品上市・導入により拡大を目指す成長分野・製品群を定め、事業環境に合わせて機能化学品事業およびセイフティシステムズ事業は2025年度を、医薬事業およびアグロ事業は2030年度を中長期的な目標を達成すべき年度と定めました。日本化薬グループ全体として2025年度には、売上高2,250億円、営業利益260億円、ROE8%以上を目指します。
 ありたい姿に向けた次期中期事業計画については、2022年3月期の決算説明会(2022年5月予定)にて公表を予定しています。

日本化薬グループのありたい姿

株価情報

証券コード(東証一部):4272

IR情報

IR情報

最新IR資料

IR資料室

関連情報

ページ先頭へ