重点取組課題 新製品・新事業の創出

専務執行役員
研究開発本部長

井上 佳美

 日本化薬グループは、創業から受け継ぐ基盤技術を時代とともに変化させて、競争力ある製品・技術・知的財産等を数多く築き上げてまいりました。近年ますます加速する高度情報化に加え、少子高齢化、気候変動問題への対応など、持続可能な社会の実現に向けた課題解決が企業の責任と考え、取組んでいきます。

 新しい製品を継続的に創出し社会に貢献し続けるためには、既存事業を発展・深化させると同時に、イノベーションによって新たな事業機会を発掘する所謂、両利きの経営の強化が欠かせません。新製品・新事業のターゲット分野を①モビリティ ②環境エネルギー ③エレクトロニクス ④ライフサイエンスの4分野と定め、組織横断的な研究開発活動を強化してまいります。また、知的財産面からの解析による研究開発戦略の策定や社外とのアライアンスを積極的に活用し、新製品・新事業を創出して日本化薬グループの企業価値を高めていく所存です。

重点取組課題 新製品・新事業の創出

研究開発

研究開発

ページ先頭へ