開発中のバイオシミラー CT-P6 の第Ⅲ相国際共同試験結果を米国臨床腫瘍学会で発表

2017年06月12日

 弊社は、Celltrion, Inc. (本社:韓国インチョン市、共同代表:WooSung.Kee、HyoungKi.Kim)及びCelltrion Healthcare Co., Ltd.(本社:韓国インチョン市、CEO:Manhoon.Kim)と共同で実施しておりましたバイオシミラー「トラスツズマブ(遺伝子組換え)製剤」(開発コード:CT-P6)の第Ⅲ相国際共同試験の成績が、米国シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会年次総会(The American Society of Clinical Oncology:ASCO)にて発表されましたのでお知らせいたします。

 この試験は、HER2陽性の早期乳癌患者に対して、盲検下において無作為に先行品とCT-P6を割り付けて術前化学療法を実施し、手術後に合計1年の術後化学療法をそれぞれの群で行っております。主要評価項目は病理学的寛解率であり、CT-P6と先行品の同等性が検証されました。副次的評価項目は抗腫瘍奏効率、薬物動態的評価、薬力学的評価、安全性であり、いずれにおいても先行品と差がないことが示されました。

 臨床試験に関する詳しい情報は、The Lancet Oncology誌電子版に掲載されております。

 弊社は、今後も新薬の開発とともにバイオシミラー、ジェネリック医薬品についても鋭意国内開発を進め、患者様やその御家族、医療関係者の皆様に、なお一層貢献できるよう努力してまいります。

以上


[本件に対するお問い合せ先]
広報IR部
TEL:03-6731-5237

関連リンク

ニュース

ニュース

ページ先頭へ