リーフガード顆粒水和剤

リーフガード顆粒水和剤:500g入

ネライストキシン系殺虫剤のチオシクラムの顆粒水和剤です。

実際の使用にあたりましては、農薬の登録内容を必ずラベルでご確認ください。

製品概要

●登録番号 第22870号
●種類名 チオシクラム水和剤
●性状 淡黄色水和性細粒
●有効年限 4年
●毒性 医薬用外劇物
●有効成分 チオシクラム(PRTR・1種)… 75.0%
5-ジメチルアミノ-1,2,3-トリチアンシュウ酸塩
●その他成分 結合剤、界面活性剤等 … 25.0%
●包装 500g×20袋

特長

適用表

適用表pdf

資料

製品チラシpdf
製品リーフレットpdf
混用事例集pdf

Q&A

リーフガード顆粒水和剤 Q&A

使用上の注意事項

  1. 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきること。
  2. 散布液量は対象作物の生育段階、栽培形態および散布方法にあわせて調節すること。
  3. 蚕には強い毒性があるので、近くに桑園がある場合には風向きなどに十分注意し、絶対に桑葉にかからないようにすること。
  4. 汚染した桑葉は絶対に給桑しないこと。
  5. ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。
    ①ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにすること。
    ②受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさけること。
    ③関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めること。
  6. 散布液調製後はそのまま放置せず、できるだけすみやかに散布すること。
  7. 石灰硫黄合剤、ボルドー液との混用はさけること。
  8. たばこ、なすには薬害を生ずるので、かからないように注意して散布すること。
  9. はくさいの幼苗期には薬害が生じるおそれがあるので散布しないこと。
  10. 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

安全使用上の注意事項

  1. 医薬用外劇物。取扱いには十分注意すること。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせること。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けること。
  2. 本剤は眼に対して強い刺激性があるので、散布液調製時には保護眼鏡を着用して薬剤が眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合には直ちに十分に水洗し、眼科医の手当を受けること。
  3. 本剤は皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意すること。皮膚に付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落とすこと。
  4. 散布の際は防護マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用すること。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをすること。
  5. 水産動植物(ドジョウ)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養魚池に飛散、流入しないよう注意して使用すること。
  6. 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきること。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないこと。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理すること。

その他の注意事項

  1. 直射日光をさけ、鍵のかかるなるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。

販売会社

日本化薬株式会社

ページ先頭へ