社員紹介│MEMBER│日本化薬株式会社

事務系管理|セイフティシステムズ事業

グローバルに展開する
セイフティシステムの事業を
俯瞰する

セイフティシステムズ事業本部 企画部 企画担当
2004年入社 / 商学部 商学科卒

16 NEXT PREV DETAIL

MISSION仕事のミッション

事業全体の損益管理や
事業計画の策定を担う

セイフティシステムズ事業全体の損益管理や事業計画の策定を主に担当しています。現在は、お客様がグローバルで活動をされ、そこにわれわれの製品をグローバルで供給するという状況で、国内事業単体や子会社単体でそれぞれ見るだけでなく、事業本部全体として俯瞰でとらえ全体を把握しなければならなりません。そのようにとらえるよう努め、資料作成の際にも気をつけるようにしています。また、関連会社が増える中で本社と関連会社だけでなく、関連会社間でも取引が増えており、移転価格税制対応が問題となっているので、経理部と協力し、各国の税務対応を行っています。

FEEDBACKやりがい・大変さ

グローバル会計で
異なる文化に触れる

異なる地域・文化圏に関連会社があり、各国それぞれ会計や税務に関する法令や基準が異なります。理由や背景が理解できない基準等もあり、「そういうものだ」と割り切ることも時に必要ですが、同時に異なる文化に触れることができるのも醍醐味です。

仕事のミッション、やりがい・大変さ

MEMORY印象に残っていること

チェコで初めて経験した
事業計画の作成

現在の部署に異動する前は、チェコの関連会社に5年間ほど出向していました。マネージャークラスの人たちとは英語でコミュニケーションを取りますが、元々英語も得意ではなく、会計や税務の英単語は初めて聞く単語も多く「数字の意味」を考える前に、それが何なのかを理解するところから始めなければならず大変でした。日本の工場で経理を3年経験してからの赴任でしたが、会社全体の事業計画一式を作成したことはなかったので、初めて事業計画を策定した際には貸借対照表の貸借が合わず、夜中までかかったことが遠からぬ記憶として脳裏に焼き付いています。

FUTURE今後の展望

現地スタッフに
「日本化薬流」を浸透させる

事業本部全体として、会計・税務を管理していくためには、こちら側が現地の法令や基準を理解するだけでは不十分です。現地のスタッフに国際基準や日本の基準を理解してもらうだけでなく、さらに日本化薬流のやり方を理解してもらい、同じ方向を向けるようにしていきたいと思います。

印象に残っていること、今後の展望

MUST ITEMマストアイテム

電話会議システム

マストアイテム

「WEB会議システムや電話会議システム」です。お客様もグローバルで活動しており、私たちもそれに対応するため多拠点間で打合せをする必要が多くあります。各担当者が一堂に会し年に1、2回会議を行っていますが、日常的には行うことができないため、通常はWEB会議システムや電話会議システムを使いコミュニケーションを図り、意思統一をしています。

MY PRIVATE休日の過ごし方

海外サッカー観戦

休日の過ごし方

イタリアのあるサッカーチームのファンで、チェコにいた際にはシーズンチケットを購入し、可能な限りイタリアのスタジアムに応援に行っていました。日本に戻ってからは、衛星中継で試合を楽しんでいます。

MESSAGE MOVIE社員からのメッセージ

日本化薬の魅力

部下に仕事を任せる上司が多いところです。工場・海外関連会社・事業本部と全ての部署で、理由や意図を説明し納得してもらえれば、自分の考えで仕事をすることができます。