社員紹介│MEMBER│日本化薬株式会社

事務系MR|医薬事業

日本で普及していない
治療法を浸透させ、
医療に貢献したい

東京医薬支店 東京第二営業所 2グループ
2013年入社 / 薬学部 薬学科卒

15 NEXT PREV DETAIL

MISSION仕事のミッション

MRとして自社製品の
適正な処方を推進する

MRである私のミッションは、「自社製品の適正使用推進活動を通し、目標(売上計画)を達成すること」です。普段の活動内容は、医薬品を正しく有効的に使っていただくため、医療機関を訪問し、安全性・有効性情報の提供・収集、問い合わせへの対応、自社製品のPRなどを行っています。また日々の活動を通じ、医療従事者の方々が必要な情報を考察し、自分にできうる限りのサポートを実践しています。さらに、目標を達成するためには、どのような活動が必要になるのかを抽出し、納期から逆算して計画を立て、実行しています。

FEEDBACKやりがい・大変さ

医療の発展に
貢献できているという実感

私にとってのMRのやりがいは、まだ日本で普及していない治療法や概念などの普及活動に携われる点です。現在は浸透していなくても、自分の活動が小さな一歩となって将来はメジャーになっているかもしれないと想像すると、自分も多少なりとも医療の発展に貢献できていると感じます。また同時に大変なのは、医薬品情報を取り扱っている者として高い自覚を持って行動しなければならない点です。あいまいな発言や倫理・ルールに反した行動は、医療従事者の方々に不信感を抱かせてしまいます。事前にしっかりと準備をして臨むことを心掛けています。

仕事のミッション、やりがい・大変さ

MEMORY印象に残っていること

情報不足とスピード不足で
逸してしまったチャンス

入社後さまざまな失敗をしていますが、原因の多くは「情報不足」と「スピード不足」にあったのだと思っています。中でも印象に残っているのは、ある製品のPR活動が、自分の持っている情報が古かったために他社より遅れをとってしまい、新規採用の機会を逃してしまったことです。休日を返上して巻き返しを図りましたが、活動の遅れを取り返すことはできませんでした。この失敗を踏まえて、現在は「情報収集」と「スピード」を常に意識して活動しています。

FUTURE今後の展望

あらゆる観点・立場から
提案できるMRになる

自社製品にとどまらず、がん治療全般を把握し、あらゆる観点・立場から実用的な薬物治療を提案できるMRになることです。そのためにはまず、設定した目標を必ず到達させる力を養い、抗がん剤メーカーのMRとして必要とされる知識を身に付けていくことを実施します。また現場では、患者さまを第一に考えて行動していくことでドクターはじめとする医療関係者からの信頼を獲得していきます。

印象に残っていること、今後の展望

MUST ITEMマストアイテム

手帳など

マストアイテム

まずは手帳です。マンスリーには訪問予定、アポイントの予定、提出資料の〆切などの欠かせない予定が記入してあり、デイリーにはその日訪問した施設・先生・渡した資料・話した内容等を時系列で細かく記載しています。そして出発前に必ずチェックするのが首都高の渋滞情報です。所要時間の目安にしています。

MY PRIVATE休日の過ごし方

連休は旅行に

休日の過ごし方

連休の際は必ずどこか旅行に行くようにしています。国内・海外問わず、新しい場所に訪れるのが大好きです。学生の時には泊まれなかったようなホテルにランクアップできるのも社会人ならではの贅沢です。旅先での非日常的な体験で一気にリフレッシュしています。

MESSAGE MOVIE社員からのメッセージ

日本化薬の魅力

がん領域の豊富なラインナップです。抗がん剤だけにとどまらず、診断薬、支持療法薬、医療材料まで徹底してがんと向き合っている会社だと思います。その姿勢は得意先からも高く評価されていると感じます。