技術系医薬品製造|医薬事業

安心・安全な医薬品を、
継続的に製造するために

高崎工場 品質管理部 試験検査担当
2009年入社 / 薬学部 製薬学科卒

07 NEXT PREV DETAIL

MISSION仕事のミッション

物質や製品の品質を検査を行う

工場で使用する物質や生産された製品などについて、化学分析・機器分析などを行い、その物質や製品の品質を検査しています。新たに立ち上げたバイオ医薬品は、当社では今まで手掛けたとことがないため、その製品の評価技術の基礎を作っていく重要な仕事もあります。また、工場内の若手社員に、化学、安全、品質に関する教育プロジェクトを行っています。工場を安定して稼働させることは患者さまに医薬品を間違いなく届けるための基本であり、医薬品の製品品質はたったひとつの不備が人の命を奪ってしまうことにもなりかねませんので、重要な仕事です。

FEEDBACKやりがい・大変さ

納期までに結果を出す

製造の予定と、出荷する期日が決まっているなか、短い期間でさまざまな計画変更に対応しながら納期までに結果を出さなければならない点が大変なところです。その中で、新たな製品やノウハウのない物を安定稼働させるため試行錯誤して、やっとの思いで上手くいったときや、教育では専門分野もキャリアも違う若手社員たちにいかに分かりやすく、重要な事を伝えられるか試行錯誤しながら計画し、その結果、意識や知識を身につけてもらえた時の喜びはやりがいになります。

仕事のミッション、やりがい・大変さ

MEMORY印象に残っていること

建設計画から手掛けた、
新規試験施設

新たにバイオ医薬品を分析するための、新規試験施設を建設計画からルーチンワーク化まで進めたことです。これまで新しい試験施設の建設を行った経験もなく、完全に手さぐりの状態からスタート。最初は何をしていいかもわからず途方に暮れていましたが、必要な条件や、温度、湿度といった基本的な部分から一つずつ検討することが始めました。その後、必要な機器・スペース・施設の構造を調査しながら、実際に現場でシミュレーションを行い、リスクを洗い出し、計画を練り直しながら、建設計画の提案までこぎ着けることができました。

そして、実際に建設を行うにあたって、詳細計画を詰める必要があります。関係部署である施設部からの意見を検討し、設計や施工を行う協力会社の担当者と、構造的に可能か、建築法の対応は可能か……など新しい研究施設の詳細について、1年以上協議を繰り返しやっと竣工することができました。しかし建物の完成した後も、稼働実験や分析の技術移管などは一筋縄ではいかず、メンバーたちと協力し、試行錯誤を繰り返すことでようやく本稼働をさせることができました。製品として出荷できるところまで来たときは、苦労を乗り越え大きな達成感を感じることが出来ました。

FUTURE今後の展望

これまでの経験で培った
知識やノウハウを役立てる

入社以来これまで、私は複数の職場を経験し、さまざまな製品の導入に携わってきました。その経験で培った知識やノウハウを、これから先に導入されるであろうさまざまな新製品の立ち上げに役立てていきたいと考えています。また、高品質な製品の安定供給を維持するため、若手社員への教育プログラムを強化して、教育を受た社員を起点に、その後輩に対して提供した知識を伝播してもらえるような仕組みを作り上げたいと考えています。

印象に残っていること、今後の展望

MUST ITEMマストアイテム

計量器具

マストアイテム

ホールピペット、マイクロピペット、メスフラスコなどの計量器具です。正確な濃度を調製したり正確な量を量らなくては、正確な分析ができません。

MY PRIVATE休日の過ごし方

スポーツ全般ほか

休日の過ごし方

ボウリングやバドミントンをしたり、仕事のジャンルと全く関係のない勉強をしたりしています。ボーリングは最近初心者に教えて、その人が半年でアベレージ140になったので抜かれないように必死です。最近面白い勉強は、世界経済のことです。世界の情勢から自分の関わっている製品のことを考えると楽しいですよ!

MESSAGE MOVIE社員からのメッセージ

日本化薬の魅力

自分がやろうと思えば何でもできるところです。若手の意見でも良いと思えば採用する風土があり、先輩社員が意見や考えに対して真面目に考えてくれます。