BUSINESS事業・職種

職種と専攻のマトリクス

職種名 化学系 化学工学系 材料系 生物/バイオ系 薬学/医学系 機械系 電気系 文系
研究開発 基礎研究 - - -
機能化学品 研究開発 - - - - -
触媒 研究開発 - - - - -
医薬品 研究 - - -
医薬品 臨床開発 - - - - - -
セイフティシステムズ 研究開発 - - -
アグロ 研究開発 - - -
生産 生産技術 -
医薬品 製造技術 - - -
品質管理 品質管理 -
医薬品 信頼性保証 - - - - -
営業 MR(医薬営業)
スタッフ 事業企画 - - - - - - -
管理 - - - - - - -

職種紹介研究開発

基礎研究

日本化薬は「火薬」「染料」「医薬」「樹脂」などの各分野において、長きにわたって培ってきたファインケミカル技術を基盤技術として確立しています。当社はこれらの技術を融合することで、新製品、新事業を創出してきました。この基盤技術を中長期的な視点で強化・拡大させるのが基礎研究のミッションです。時代の先を読みながら、培った技術や知見を活かして新技術を開発し、「次の事業」を生み出していきます。

基礎研究・紹介画像

機能化学品 研究開発

加速度的に進化を続けるIT(情報技術)。その進化を支える機能性樹脂、色素素材、機能性フィルムなど多様な素材の研究開発を行います。具体的には、半導体の封止材などに用いるエポキシ樹脂などの樹脂複合材料や、消費者向けから産業向けまで用途が広がるインクジェットプリンター用色素などの色素複合材料などが挙げられます。新技術・新素材の研究開発には、ニーズに応じた製品を生み出すマーケットインの発想が欠かせません。

機能化学品 研究開発・紹介画像

触媒 研究開発

紙おむつなどに使用される高吸水性ポリマー。その原料となるアクリル酸の製造用触媒の研究開発を行います。収率や寿命を向上させるため、触媒の組成だけでなく、形状、反応方式、反応条件など、様々な面の検討、研究を行います。お客様の製造プラントへ出向き、使用法やメンテナンスなどのサポートを行うことも仕事の一つです。また、メタクリル酸製造用触媒についても研究開発しています。

触媒 研究開発・紹介画像

医薬品 研究

医薬品の研究は、「新たな薬」の種となる候補化合物を探し出し、作り出す「探索研究」からスタートします。探索された化合物に対して、有効性や安全性、代謝、動態などのメカニズムを細胞レベル、個体レベルで分析する「開発研究」を行い、製剤化などを研究してヒトに投与できる「医薬品候補化合物」にするのが医薬研究の仕事です。探索から医薬品として形になるまでのプロセス、期間が長いため、根気よく取り組むことが求められます。

医薬品 研究・紹介画像

医薬品 臨床開発

研究で見出された候補化合物をヒト(患者さん)に投与して有効性や安全性を確認し、新薬として世の中に送り出す役割を果たすのが医薬開発の役割です。厳しく定められた基準に則った臨床試験(治験)を実施するため、治験実施計画書(プロトコール)を作成して、治験をモニタリングして評価を実施。さらには承認申請書類作成、審査対応まで行います。

医薬品 臨床開発・紹介画像

セイフティシステムズ 研究開発

日本化薬は化学メーカーではありますが、自動車安全部品というデバイスも製造しています。たとえばインフレータでは、ガスを発生させる火薬だけではなく、発火装置であるスクイブ、ガスをろ過するフィルターや外部を取り囲むハウジングなど多くの材料で構成されており、その研究開発には化学工学・機械・電気などの幅広い知識が求められます。自動車用安全部品の用途は、乗員保護の多様化、歩行者保護へと拡大しつつあり、新たな要求性能に応える研究開発に取り組んでいます。

セイフティシステムズ 研究開発・紹介画像

アグロ 研究開発

安定した食糧生産には欠かせない農薬。化学合成技術や製剤技術、生物評価技術を利用して、環境に優しい化学農薬や新規農薬製剤の研究開発、生物農薬の開発を行っています。環境負荷が少なく長期にわたり効果が期待できる製剤開発が研究開発の大きなテーマです。

アグロ 研究開発・紹介画像

職種紹介生産

生産技術

生産効率の向上のために工場の生産ラインの新設、設備装置の考案、治具や工法の開発などを行います。また設備の故障対応やメンテナンスの保全も重要な役割です。全国において6カ所の生産拠点には、量産化の検討やプロセスの基本設計を行う「製造部」と、プラントや生産ライン・設備の設計・建設、改良工事、保全を担当する「施設部」の2部門があります。海外への生産拠点の展開が拡大しており、活躍の場が広がっています。

生産技術・紹介画像

医薬品 製造技術

医薬品の元となる原薬を生産するためのプロセスや製剤技術の開発から品質管理まで担うのが医薬品の生産技術職です。開発候補品の品質を担保しつつ、より低廉な生産コストに配慮した生産方法の実現が使命です。当社で上市している医薬品だけでなく、他社からの受託製造もおこなっています。近年では新薬の他に、ジェネリック医薬品や、バイオシミラー(バイオ後続品)などの製剤技術の開発にも力を入れています。

医薬品 製造技術・紹介画像

職種紹介品質管理

品質管理

自社の工場でつくられた製品の品質が、要求水準を満たしていることを保証する役割を担うのが品質保証の仕事です。原材料の段階から完成品になるまでのそれぞれの製造工程において起こり得るリスクを評価し対策を行うほか、製品の品質向上のための体制の整備や、不具合が発生時の対応や、原因の究明なども品質管理に課せられた重要な仕事です。

品質管理・紹介画像

医薬品 信頼性保証

医薬品は研究・開発から製造、市販後に至るまで、あらゆる業務で厳しい基準が定められています。その厳しい基準が遵守されているかを確認し、必要に応じて改善を指示、提言するのが、信頼性保証の仕事です。それぞれの業務を担う部門とは別の客観的立場でチェックすることで、当社の医薬品の信頼性向上を図ります。また医療従事者や患者さまから寄せられる製品に関する情報・ご意見に対応し、必要に応じて当局に報告し、適正使用情報を提供することも役割の一つです。

医薬品 信頼性保証・紹介画像

職種紹介営業

MR(医薬営業)

MRは医薬情報担当者(Medical Representative)と呼ばれています。医師をはじめとする医療従事者に医薬品を適正に使ってもらうため、有効性や使用方法、副作用といった情報を伝達することが主な仕事です。また、治療経過や副作用の発生状況などの情報を収集し、医療や製品の改善に貢献します。MRの仕事の質を高めるためには、製品知識だけでなく、最新の学術情報を収集することも重要です。また、コミュニケーションやマーケティングの感覚を磨くことも欠かせません。

MR・紹介画像

職種紹介スタッフ

事業企画

グループ会社を含めた事業全体の計画の策定や、計画の進捗および予算・実績の管理などを担当します。経営層や各事業部の統括部門、社外パートナーと折衝する機会が多く、組織および事業全体を俯瞰して判断する大局的な視野が求められる仕事です。

事業企画・紹介画像

管理

会社を一つの組織として機能させ、各事業を円滑に進められるようサポートする役割を担うのが管理系の職種です。資金管理や財務指標の作成など担当する経理、法律の側面から事業活動を支援する法務、人材の採用や育成、配属、評価などを行う人事など多様な役割があります。また、各工場やグループ各社など、より現場に近い立場でそれぞれの組織を運営し、管理する仕事もあります。

管理・紹介画像