事業等のリスク

 日本化薬グループ(以下、当社グループ)は、事業を運営していく限り伴う様々なリスクの発生防止、分散等によりリスクの軽減を図るよう努めております。
 当社グループの経営成績および財政状態に重大な影響を与えうるリスクには、以下のようなものがあります。ただし、これらは2018年3月31日現在において当社グループが判断したもので、予想を超える事態が発生する場合もあり、当社グループに関するすべてのリスクを網羅したものではありません。

1. 事業環境の変動に係るリスク

1. 事業全般

 当社グループは、経営基本方針のもと様々な事業を営むことにより安定的な事業運営に努め、事業戦略、開発戦略等を定めて事業環境の変化に応じた経営を行っております。しかし、売上・営業利益の構成比率が高い機能化学品事業は、景気変動の影響を受けやすい事業であります。国内外の景気変動および需要低迷・競合激化等々の事業環境の変動や事業構成の変動により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

2. 機能化学品事業

 機能化学品事業は、中心分野である情報・通信領域の技術革新のスピードが速く、製品のライフサイクルが短くなる傾向にあります。新技術・新製品の開発の遅れにより顧客ニーズを満足させる新製品をタイムリーに提供できないことや、他社による画期的な技術革新により、当社グループの経営成績及び財政状態に重要な影響を与える可能性があります。
 また、原料調達関連にて中国国内環境規制強化による供給不安や価格高騰リスクがあるため、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

3. 医薬事業

 医薬事業は、国内において、医療費抑制策の一環として薬価の引下げなどの薬価制度の改革と後発品の使用促進が行われております。そして、海外においても同様の環境にあります。また、原薬受託事業においては顧客の市場の販売動向および生産量調整などによる影響を受けます。これら政府の医療費抑制策や顧客の市場環境等により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

4. セイフティシステムズ事業

 セイフティシステムズ事業では、自動車安全部品を販売しており、当社グループが製品を販売している国または地域における景気変動や経済政策の変更等による自動車需要の変動、また天災、事故等による自動車の生産に必要なサプライチェーンへの障害等により自動車生産台数に大幅な変更が発生すると、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

5. その他

 アグロ事業は、気象等の変動による作物の育成状況や病害虫の発生状況に大きな影響を受けます。また、食品の安全や環境への影響に関する公的規制等が強化されております。気象状況や公的規制等により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

2. 金利に係るリスク

 当社グループは、事業運営に必要な資金調達の手段・金額等を、財務状況および金融環境を考慮して判断しております。将来、金利が上昇した場合に金利コストが増加したり、資金調達にも支障がでることにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

3. 為替レート変動に係るリスク

 当社グループは、海外での事業や輸出に関連した取引において、為替レートの急激な変動に対して外貨建の売買取引額のバランスを取る等によりリスクを最小限にすべく努めておりますが、為替差損が発生することにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。
 また、在外連結子会社の財務諸表項目は、連結財務諸表作成のために円換算されているため為替レートの変動により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

4. 退職給付に係るリスク

 当社グループの従業員退職給付費用および債務は、数理計算された退職給付債務と年金資産の見込に基づき計上されております。退職金・年金制度の変更、数理計算での割引率等の変更、年金資産の時価の変動、運用環境の変動等により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

5. たな卸資産在庫の評価に係るリスク

 当社グループは、たな卸資産の評価に関する会計基準を適用しておりますが、たな卸資産の正味売却可能価額が帳簿価額を下回った場合には評価減が発生することにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

6. 固定資産の減損に係るリスク

 当社グループは、固定資産の減損に係る会計基準を適用しておりますが、今後大幅な事業収益性の悪化や不動産価格の下落等があった場合には減損損失が発生することにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

7. 有価証券の評価に係るリスク

 当社グループは、主に取引先との関係維持のために株式を保有しておりますが、株式相場の大幅な下落、または株式保有先の財政状態の悪化により株式の評価が著しく下落した場合には株式の評価損が発生することにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

8. 法令等の変更に係るリスク

 当社グループは、事業を営む各国の法令等に従って、事業活動を行っております。将来における法令・規制、政策等の変更による当社グループの事業活動の制限やコストの増加により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

9. 海外事業展開に係るリスク

 当社グループは、海外での事業活動の比率を拡大していく方向にありますが、各国での予期しない法令・規制や政策等の変更、テロ・戦争・その他の要因による社会的混乱等により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

10. 訴訟に係るリスク

 当社グループは、様々な事業活動を行っているなかで、訴訟、係争、その他の法律的手続きの対象となる可能性があります。重要な訴訟等が提起されることにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

11. 知的財産権の侵害に係るリスク

 当社グループは、特許等知的財産を厳重に管理しておりますが、第三者からの侵害を完全には防止できない可能性があるほか、当社グループの製品・技術の一部が、他社の知的財産権を侵害しているとされる可能性があります。これら知的財産権の侵害により、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

12. 研究開発に係るリスク

 当社グループは、研究開発を事業成長の原動力と捉え積極的な研究開発活動を行っております。医薬・アグロ事業においては、その有効性や安全性を確認するために研究開発期間が長期間にわたるため、一つの新製品開発には多額の費用を要します。従って、開発後期において開発を断念することになった場合には、多額な研究開発費用を回収できないこととなります。また、機能化学品事業やセイフティシステムズ事業においては、技術革新および顧客ニーズの変化が極めて速く、新製品をタイムリーに開発・提供できない可能性があります。
 このように研究開発活動が成果に結びつかないことにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

13. 原材料の調達に係るリスク

 当社グループは、原材料の複数調達先の確保等で安定的な原材料の調達を行うよう努めておりますが、調達先からの原材料の供給停止などで生産活動に支障をきたす可能性があり、また原材料価格が高騰して大幅なコスト増となることにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

14. 製品の品質に係るリスク

 当社グループは、「ISO9001」等の品質保証の国際規格による管理基準を定め、それに従った各種製品を製造しておりますが、すべての製品について欠陥が無く、問題が発生しないという保証はなく、大規模なリコールや、製造物責任が発生する可能性があります。製造物責任賠償に関しては、保険に入る等で万一に備えておりますが、賠償額を充分にカバーできる保証はありません。また、医薬・アグロ事業においては、これまで未知であった有害事象等が上市後明らかになることなどにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

15. 事故・災害に係るリスク

 当社グループは、製造設備・物流で発生する事故、自然災害等による損害を防止するため、法令および社内で定めた基準に従い定期的な点検、安全装置・消火設備の充実、各種安全活動・安全審査・環境安全診断を行う等の安全保持対策を実施すると共に、BCP(事業継続計画)を策定し有事に際してより適切な復旧活動に努めますが、事故・災害による影響を完全に防止・軽減できる保証はありません。事故等により、工場およびその周辺に物的・人的被害を及ぼした場合、あるいは当社グループの顧客の生産に支障をきたし補償を請求された場合、多額のコストがかかり当社グループの評価に重大な影響を与える可能性があります。また災害等によりサプライチェーンの混乱を起因とした原材料の不足による生産停止や当社グループの顧客への納入遅延などが発生した場合、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

16. 電力供給不安に係るリスク

 日本国内は原発の稼働が制限され火力発電への依存度が高まっているため、電力炭酸ガス係数が大きくなっており、企業活動が更に活発化してエネルギー消費量が増加した場合、エネルギー由来炭酸ガス排出量が増加する恐れがあります。将来、地球温暖化ガス排出量について規制化された場合に、炭酸ガス排出権購入などの費用が発生し、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。
 また、電力会社の再生可能エネルギー発電電力の買い取りが増長し、再生可能エネルギー促進賦課金が増加することによる電気料金の増加の恐れがあり、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

17. 土壌汚染に係るリスク

 当社グループは、土壌汚染の防止のために、法令および社内で定めた基準に従い、有害物質保管設備の定期的な点検、安全装置、各種安全活動(安全審査、環境安全診断)等を行うなど、漏洩防止に努めておりますが、事故・災害による影響を完全に防止・軽減できる保証はありません。また、現時点で、所有している土地すべてについて調査を完了していませんので、自然由来によるものや当社グループが合併等により承継した企業の事業活動による汚染など、当社グループの事業活動以前に土中に有害物質が混入していたものが、後日、確認される可能性も否定できません。土壌汚染が確認された場合、当社グループの評価に重大な影響を与えたり、更に土壌汚染対策を実施した場合、多大なコストが発生することにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

18. 情報システムに係るリスク

 当社グループは、基幹システムの機器を社外のデータセンターにハウジングして、システムの安全・安定運用の確保に努めております。また、ネットワークに関しても重要な拠点については回線の冗長化を図っておりますが、予期せぬ障害や大規模な災害によりシステムが停止する可能性は否定できません。システムが停止した場合、調達や生産、製品の出荷などの指示が不能または遅延し、得意先等への納入が出来ないことにより、当社グループの経営成績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。

19. 情報セキュリティに係るリスク

 当社グループは、事業活動において取得する、財務情報、技術情報、個人情報等を、電子情報などの形式で蓄積・利用しております。これらの情報を管理するシステム、ネットワークについては、その都度必要な安全対策を施し、事業活動に従事する従業者に対しても、情報セキュリティ教育を行い、適切な情報の取り扱いを指導しております。しかしながら、ハッカーやコンピューターウィルスによる第三者からの攻撃、情報を管理するシステム及びネットワークにアクセスできる従業者等による不正使用・誤用等によって、情報の漏洩、業務の中断、法的な請求、訴訟、賠償責任等が発生する可能性があります。

株価情報

証券コード(東証一部):4272

IR情報

IR情報

最新IR資料

IR資料室

関連情報

ページ先頭へ