CSRに関する取り組み

 日本化薬グループは、KAYAKU spirit を実現するための企業活動を行うことにより、すべてのステークホルダーの信頼に応えるCSR経営を実践しています。

企業ビジョンとCSR活動(CSR情報)

社会的責任を果たすCSR活動

 日本化薬グループは、お客様、お取引先、株主、従業員、社会・地域の方などのすべてのステークホルダーの信頼に応えるCSR活動を行っています。

お客様への取り組み

 お客様の満足する「最良の製品」を提供し続けるため、「環境・健康・安全と品質に関する宣言」を基本方針とし、品質マネジメントシステムを構築しています。全社的な品質に対する様々な取り組みを、生産技術本部品質経営推進部が中心となって品質保証活動・品質向上活動を推進し、顧客満足度の向上に努めています。
 品質保証活動では、安定した品質を保証するため品質管理技術力を強化し、向上させるための各種教育活動や、顧客苦情や品質工程異常の低減を目的とした取り組みを行っています。
 品質向上活動では、各種教育活動以外に品質リスクアセスメントを実施するとともに、「品質改善事例集」を発行し、品質改善手法の普及を推進しています。また、研究所では、品質工学や統計的手法導入による設計開発力の向上に取り組んでいます。

お客様への取り組み(CSR情報)

お取引先への取り組み

 CSR 調達の取り組み方針を制定し、CSR 経営に即した購買活動を行うため購買理念、購買基本方針を定めています。
 KAYAKU spirit の実現に向けて、長期的な視野に立ち、サプライヤーと良好なコミュニケーションを積極的に行い持続的な相互発展関係を築く努力を行っています。私たちは、品質・価格・安定供給の確保・法令遵守・人権尊重・労働安全衛生・環境の保全など、サプライヤーと一丸となり取り組む重要な要素であると考えています。

お取引先・投資家への取り組み(CSR情報)

従業員への取り組み

 KAYAKU spirit の実現を目指し、その行動主体である従業員全員が自信と誇りを持ってそれぞれの役割と責任を果たせるよう、様々な制度の改革に努めています。

従業員への取り組み(CSR情報)

社会・地域への取り組み

 地域に根付いた会社を目指して、地域社会の活動に参加し、次世代を担う子どもたちの教育支援やステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを活発に行っています。

社会への取り組み(CSR情報) 地域への取り組み(CSR情報)

環境責任を果たすCSR活動

 日本化薬グループは「環境・健康・安全と品質に関する宣言」を基本方針として「安全第一」、「環境経営」、「従業員の健康づくり」を推進し、中期環境目標に基づく環境負荷低減、事故・災害の未然防止、作業環境の改善などに取り組んでいます。

環境・安全衛生・品質保証体制

 社長を委員長とする環境・安全・品質保証経営委員会を中心とした管理体制により、環境安全衛生の確保、品質保証の維持向上に努めており、組織的な活動として国内事業場および海外工場の中央環境安全衛生診断・中央品質診断などを行っています。

環境・安全衛生・品質マネジメントシステム(CSR情報)

レスポンシブル・ケア

 グループ各社が「安全をすべてに優先させる」取り組みを共通で進め、日本国内だけでなく海外現地の法令遵守をはじめとして、環境・安全に関わる事故・災害の未然防止を図ること、および KAYAKU spirit の実現に向け、「環境・健康・安全と品質に関する宣言」に沿って日本化薬グループの社員全員でレスポンシブル・ケア活動を進めています。

環境・安全衛生・品質マネジメントシステム(CSR情報)

環境保全活動と中期環境目標(日本化薬単体)

 生産の効率化と環境負荷の低減を両立させるため、環境経営の取り組みを重要課題とし、諸項目に対する目標を掲げ、その達成に努めています。
 2012年3月期から2021年3月期までの中期環境目標を3分野6項目で策定しています。2016年3月期の中間結果に基づき、目標値をより厳しいレベルに設定し、新たな目標達成に向けて取り組んでいます。

環境に対する取り組み(CSR情報)

株価情報

証券コード(東証一部):4272

IR情報

IR情報

最新IR資料

IR資料室

関連情報

ページ先頭へ