セイフティシステムズ事業

取締役常務執行役員
セイフティシステムズ
事業本部長

石田 由次

事業ビジョン

自動車安全部品で培った技術をベースに、
進化するモビリティーテクノロジーに
対応した新たな安全部品を開発し、
世界中のより多くの人々に安全を提供する

中期事業戦略

生産体制、品質保証体制、
サプライチェーンをグローバルに強化し、
インフレータ・マイクロガスジェネレータ・
スクイブのグローバル事業を拡大する

事業概要

 セイフティシステムズ事業は、日本初の産業用火薬メーカーとして長年培った点火・起爆および火薬燃焼に関する技術を応用し、自動車衝突時にエアバッグを膨らませるためのガス発生装置「インフレータ」および、同時に作動するシートベルトを巻き取るための小型のガス発生装置「マイクロガスジェネレータ」、そしてそれらを点火するための点火装置「スクイブ」を独自に開発してきました。現在は、日本、チェコ、中国、メキシコ、マレーシアの5つの生産拠点から、グローバルに事業を展開しています。

生産拠点

日本姫路工場
チェコカヤク セイフティシステムズ ヨーロッパ a.s. (KSE) ※2018年6月1日に社名変更しました。
中国化薬(湖州)安全器材有限公司(KSH)
メキシコカヤク セイフティシステムズ デ メキシコ, S.A. de C.V. (KSM)
マレーシアカヤク セイフティシステムズ マレーシア Sdn. Bhd. (KMY)

主力製品

セイフティシステムズ事業

事業環境と今後の展開

 今、自動車産業・部品産業が大きな転換期にあることは明らかです。
 “CASE”で表現される4つの変化が当社の事業に与える影響を予測し対応していく必要があります。ここ数年のセイフティシステムズ事業の拡大は、グローバル化の推進と製品需要の伸びに対応した設備投資を積極的に実行した結果だと認識しています。しかし、同じやり方でこの先もよしとするのは危険だと考えています。これまで以上に変化に対応した積極的なリスクテイキングを実行していく必要があります。そのために、まず安全操業を確実にして、品質の向上を日々実現していきます。また、同じやり方でこの先もよしとする考え方を徹底的に排除すべく、組織の意識改革に取り組んでいきます。

CASE:4つのキーワードの頭文字、Connected(接続性)の「C」、Autonomous(自動)の「A」、Shared(共有)の「S」、そしてElectric(電動化)の「E」

中計重点テーマ

項目取り組み内容
安全・品質管理体制の確立 ●安全強化活動の推進と品質意識の従業員全体への浸透
研究開発の強化 ●進化する市場の要求にマッチした安全部品の開発を推進
●ドローン用安全装置の開発推進
知的付加価値の創造・提供 ●日欧のノウハウを融合した日本化薬式火薬安全技術の確立
●生産・検査工程の自動化推進とグローバルでの生産技術・生産ノウハウのレベルアップ
グローバル経営の推進 ●拠点間の報・連・相を強化、グローバルで一体感を持った運営を目指す
●国内外からグローバル要員を選抜・教育し次世代の各拠点経営者層を育成
社内外との協業による事業強化 ●グローバルサプライベースの強化
●社外との協業による開発の促進とアライアンスの促進
成長を支える経営基盤の充実 ●需要に対応したタイムリーな設備投資の実施
●事業拡大に向けたマスタープランを各拠点で作成
エアバッグ用インフレータ新製品

エアバッグ用インフレータ新製品2種を開発

 グローバルな自動車市場の拡大とともに、より高い環境性能や安全性能が求められる中、エアバッグの軽量化や高性能化が進展しています。
 当社は、自動車エアバッグ用インフレータのディスク型(運転席・助手席用)と、シリンダー型(サイドおよびニー用)の2つの新製品を開発。2018年4月から、セイフティシステムズ事業のマザー工場である姫路工場で、日系メーカー向けの生産を開始しました。ディスク型の新製品は、重量を従来型の4分の3に削減したことにより、自動車の軽量化や燃費の向上に貢献します。また、シリンダー型の新製品は、火薬を収納する部位を細くするなどにより高い指向性を実現することで、ガス発生剤の封入量が多い大型・高性能のインフレータの製作にも対応できるようにしました。今後は、グローバルに展開する予定です。

株価情報

証券コード(東証一部):4272

IR情報

IR情報

最新IR資料

IR資料室

関連情報

ページ先頭へ