医薬事業

取締役常務執行役員
医薬事業本部長

小泉 和人

事業ビジョン

得意技術によるイノベーションの推進、
高品質な医薬品の安定供給により、
医療の向上と医療費の効率化を通じて
社会に貢献する

中期事業戦略

スペシャリティ、バイオシミラー、
ジェネリックを
重点領域として成長し続ける

事業概要

 1969年の「ブレオ®」の発売以来、医薬事業は抗がん薬とがん関連薬剤を中心に事業を発展させてきました。がん関連製品のラインアップ数はジェネリック薬も含め国内製薬メーカー最多で、がん領域に関する信頼性の高い情報とともに医療機関に提供しています。また、ナノテクノロジー技術を用いた抗がん薬内包高分子ミセルの開発を進めるとともに、いち早くバイオシミラーの開発も手掛け、2014年には、国内初の抗体医薬のバイオシミラーの販売を開始するなど、医療の向上と医療費の効率化を通じて社会に貢献しています。

医薬事業

事業環境と今後の展開

 生命と健康を守る医薬事業は、「がん治療に貢献する企業として、治療のベースとなる抗がん薬を安定供給する」、「ジェネリック抗がん薬とバイオシミラーで医療費の効率化に貢献する」ことにより、「世のため人のために」という創業の精神を受け継ぐ“KAYAKU spirit” を実現し、社会から求められる企業として成長していきます。高齢化社会を迎えるとともに、高額な医薬品が登場し国民医療費・社会保障費の高騰が大きな社会問題となるなかで、世界的に高い評価を得ている「国民皆保険制度」を維持する事が社会的なニーズになっています。私たちは、治療の基本となる抗がん薬ラインアップの充実と、高品質なジェネリック抗がん薬の安定供給を目指します。また、高分子ミセル化技術を使って既存の抗がん薬の有効性や副作用を改善することで、患者さんに貢献いたします。ジェネリック医薬品は、既に医療費の効率化になくてはならない存在になっています。今後は高額なバイオ医薬品が増加するなか、バイオシミラーの成長を通じて社会に貢献していきます。

中計重点テーマ

項目取り組み内容
安全・品質管理体制の確立 ●医薬事業本部統一の品質保証システムを継続的に運用し、対応力強化による安全操業を継続する
研究開発の強化 ●得意技術、得意分野で医療ニーズに合致した新製品を事業本部一体で創出する
知的付加価値の創造・提供 ●国内バイオ製造に向け、高崎工場での製造設備、医薬研究所での研究開発体制、カルティベクスの事業基盤を確立する
社内外との協業による事業強化 ●シナジーのある製品導入・事業提携・M&Aを実施しパイプラインを拡充する
●原薬・国際・診断薬本部の輸出、受託ビジネスを拡大する
成長を支える経営基盤の充実 ●コンプライアンス・レギュレーションを遵守し、がん治療に貢献する企業としてのプレゼンスを向上させ、他社との差別化を図る
●経営資源を効率的に活用し、医薬業界の変化に対応できる企業体質を構築する
●研究開発・製造・販売体制を強化するため、技術・知識の継承と次世代の人材を育成する
カルティベクス新潟工場

カルティベクス新潟工場

バイオシミラーの普及・国内製造に向けて

 近年、バイオ医薬品市場が拡大を続ける中、日本はその多くを輸入に頼っていることや、バイオ医薬品は製造や開発に多大なコストがかかることから高額であり、医療費の増大につながることが社会的課題となっています。
 当社は価格を抑えた後続品であるバイオシミラーの普及と、バイオシミラーを含むバイオ医薬品の国内製造による安定供給に向けて、早くから取り組みを進めてきました。バイオシミラーの普及拡大に向けて、2018年8月には、当社3番目となるトラスツズマブBS(韓国セルトリオン社との共同開発)を上市しました。また、国内製造の促進に向けて、2018 年2 月には、当社と三菱ガス化学株式会社との合弁会社(出資比率45:55)である株式会社カルティベクスの工場が新潟に完成しました。工場は日米欧3極に対応した生産設備を備えており、今後、バイオシミラーを含むバイオ医薬品の国内製造を積極的に展開するとともに、技術の蓄積とグローバルな事業展開を目指していきます。

医薬品の承認取得状況 (2019年8月1日現在)

新発売品目

ゲフィチニブ

適応症の追加品目 *:公知申請

オキサリプラチン

レボホリナート

トラスツズマブBS

テモゾロミド

製造販売承認取得品目

バイオ医薬品

医薬品の開発状況 (2019年8月1日現在)

治験中の品目

バイオシミラー

抗がん薬

株価情報

証券コード(東証一部):4272

IR情報

IR情報

最新IR資料

IR資料室

関連情報

ページ先頭へ