アグロ事業

代表取締役専務執行役員
経営戦略本部長
兼 危機管理委員会委員長
兼 アグロ事業担当

渋谷 朋夫

事業ビジョン

環境にやさしい優れたアグロケミカルを、
技術・サービスと共に提供し、
食糧供給を支え、持続可能な農業の発展に貢献する

中期事業戦略

新規殺虫剤の上市や短期間の
開発テーマを展開し、特徴ある品揃えを
確保して、優れた製品を提供することに
より成長を目指す

事業概要

 アグロ事業では、農業用の殺虫剤、除草剤、土壌くん蒸剤や衛生害虫用の殺虫剤などを開発・製造・販売しています。新しい農薬を開発すると同時に、新しい製剤技術で省力性・安全性などを高め、アジアをはじめとするグローバル市場へ展開することにより、事業の拡大および農業の発展に貢献しています。

アグロ事業

「ありたい姿」を達成するために

 アグロ事業は、野菜・果樹分野を中心に、農薬と農業資材を通じて農家の皆様の問題解決に取り組み続けています。農薬は、研究で害虫類に有効な新物質を見出してから、農業現場での効果、安全性など確認する開発過程が必要で新製品の上市まで時間がかかります。そのため事業の「ありたい姿」の到達年度は 2030年とし、数値目標を売上高130億円と定めました。2020年度の実績と比べると大きな目標ですが、既存品を維持しながら、ファインセーブ®の海外販売や既存品の工夫製剤、導入品などをベースとして、新規有効物質や鹿島工場での受託などで「ありたい姿」の達成を目指します。
 製品群を農業資材のバイオスティミュラントなどにも広げて充実させ、農家のニーズをくみとり、タイムリーかつ確実に適切な製品と情報を届ける営業・普及体制を構築します。将来の市場や規制、環境対応などを見据え独自性のある研究開発を進め、環境負荷低減に配慮し、低コストかつ安全安定的な製品の生産に努めます。

中期事業計画 KAYAKU Next Stage の取り組みについて

 現在の中期事業計画 KAYAKU Next Stageでは、アグロ事業製品において中国メーカーからの原体供給が課題となりましたが、鹿島工場で原体生産の自製化に取り組み、2021年3月までの農繁期前の製品需要に応えることができました。2022年3月期の需要にも対応できる予定です。
 また、2018年に新製品として上市したファインセーブ®は、ターゲット害虫の発生状況などで計画通りには届かないものの、定番農薬のダイアジノン®などで売上高をカバーしています。また、将来に向けた製品群充実の取り組みの一環として、2020年には土壌くん蒸剤ダブルストッパー有効成分の1つでもあるテロンTMの国内販売権を海外から獲得し、立ち上がりも好調です。中計最終年度となる2022年3月期の目標達成に向けて、アグロ事業部一丸となって取り組みます。

【保有する強み】【現行の製品・市場】【2030年における成長分野・実現したいこと】【アグロ事業のありたい姿】 トピックス
トピックス「土壌くん蒸剤『テロンTM』、『旭D-D」の販売を開始』

株価情報

証券コード(東証一部):4272

IR情報

IR情報

最新IR資料

IR資料室

関連情報

ページ先頭へ