経済責任とCSR

豊かな生活を目指した日本化薬グループの現在および未来の製品や技術

日本化薬グループは、 "世界的すきま発想。" でニッチでも突出した技術によって付加価値の高い製品を開発し、世界になくてはならない企業を目指しています。

経済的責任を果たすCSR活動 イラスト

イラスト拡大

日本化薬グループの事業

日本化薬グループの主な4つの事業と研究開発をクローズアップし、基盤技術を活かした社会に貢献する開発製品などをご紹介します。

日本化薬グループの事業内容

機能化学品事業

特徴ある機能化学品を提供し、情報・通信、省資源分野を通じて社会に貢献します

来るべき将来は「超スマート社会」になるといわれています。さまざまな「モノ(物)」がインターネットに接続され、快適に暮らすことができる社会になります。それに伴う電子端末の搭載される半導体デバイスの小型化、高性能化、画像表示パネルの高精細化が急速に進んでいます。また、省エネルギー・省資源の要請はますます高まってきています。機能化学品事業では、 樹脂や色素、触媒で培った技術で情報・通信、省エネルギー・省資源分野へ特徴のある製品を提供し「超スマート社会」の実現に貢献します。

機能化学品事業

Kayaku Safety Systems Malaysia Sdn.Bhd

医薬事業

得意技術によるイノベーションの推進、高品質な医薬品の安定供給により、治療の向上と医療費の効率化を通じて社会に貢献します

医薬事業は、ナノテクノロジー技術を用いた抗がん薬内包高分子ミセルの研究・開発に注力しています。加えて、抗体薬のバイオシミラーおよびがん領域のジェネリック医薬品を重点領域として研究・開発を進めています。

得意技術によるイノベーションの推進、高品質な医薬品の安定供給により、医療の向上と医療費の効率化を通じて社会に貢献していきます。

医薬事業

MINK Web

セイフティシステムズ事業

火薬技術の応用で、自動車衝突事故発生時の人命保護に世界中で貢献します

世界の自動車生産は、2018年には中国でやや翳りが見えましたが、全世界での総生産台数は今後も増加するものと予測されています。それに加え、自動車の衝突時に搭乗者、歩行者を保護する安全部品は、先進国のみならず開発途上国においても急速に拡大しています。セイフティシステムズ事業では、当社創業の技術である火薬技術を自動車安全部品に応用し、エアバッグ、シートベルトプリテンショナー、歩行者保護のためのボンネット跳ね上げ装置などの自動車安全部品に組み込まれる、インフレータ、マイクロガスジェネレータなど火薬技術を応用した製品を供給しています。セイフティシステムズ事業の製品は、日本のみならず、チェコ、中国、メキシコ、マレーシアで生産され、ほぼ全世界の自動車メーカーで使用されています。セイフティシステムズ事業の製品は、世界中で、もしも自動車事故が発生してしまった時、人々の生命を守るのに役立っています。

セイフティシステムズ事業

セイフティシステムズ事業

アグロ事業

食の安定供給に不可欠な安全で環境適合性に優れた農薬製剤技術を提供し、農薬を通じて社会に貢献します

世界的な人口増加による食糧需給問題や国内の食糧自給率問題や病害虫による農産物被害が増加するなど農業を取り巻く環境が年々厳しくなる中、安全・安心な農産物を安定的に生産し、市場に供給することが必要とされています。

アグロ事業では独自の目線から保有技術を工夫・活用しながら、さまざまな農薬を製品として提供しています。2018年6月には新規殺虫剤「ファインセーブ®」を上市し、難防除害虫であるアザミウマ類などに効果の高い農薬として、また化学農薬のみに頼らない総合的病害虫管理に適した気門封鎖剤「フーモン®」などを市場に提供し好評を得ています。今後もニーズに合った技術や資材を研究開発し、提供し続けることで農業に貢献していきます。

アグロ事業

アグロ事業

研究開発

日本化薬グループは、研究開発を事業成長の原動力と捉え積極的な研究開発活動を行っています。
創立100周年を超えて培ってきた要素技術や基盤技術を更に深化させ、新しい技術開発を加えて研究開発を遂行し、最良の製品を提供し続けることにより、生命と健康を守り、豊かな暮らしを支え、社会に貢献し続けます。

機能化学品事業・医薬事業・セイフティシステムズ事業・アグロ事業の4つの組織に直結した各研究所では、各事業領域における当社らしい新製品の創出に向けた研究開発活動を行っております。また、新製品・新事業の創出を目指した研究開発のうち、全社的な経営資源を戦略的に配分して、社内外の技術・製品・知的財産等を融合し、特長を活かしたコーポレート研究も積極的に推進しています。

研究開発・知的財産

日本化薬グループの保有技術を深化させた研究開発 ~光制御フィルムの研究開発~

自動車に関する環境がEV化、自動運転技術などの進展によりに大きく変わろうとしています。

セイフティドライブをサポートするために多数のセンサーが搭載されています。フロントガラスに種々の情報を映し出すヘッドアップディスプレイもその一つで、必要とする情報を明瞭に映し出すために光を制御する特殊なフィルムが使われています。このような光制御技術は、ヘッドアップディスプレイだけではなく、液晶や有機ELディスプレイ、プロジェクター、透明ディスプレイ、遮熱ウィンドウ、サングラスなど非常に幅広い分野で応用されています。

日本化薬では、当グループが有する偏光フィルム、位相差フィルムなどの光制御技術を応用・発展させた優れた特長のある光制御フィルムの応用開発をコーポレートテーマ研究の一つとして検討しており、例えば、高視野角で鮮明な画像を可能とする独自の技術を使った自動車用ヘッドアップディスプレイ用途や、有機物でありながら今までにない金属の様なミラー感を持つサングラス、ゴーグルなどのアイウェア用途への応用展開をグループ会社とも協業しなから推進しております。

  • ヘッドアップディスプレイヘッドアップディスプレイ
  • アイウェアアイウェア

近未来社会のニーズを見据えた研究 ~有機半導体材料の研究開発~

エレクトロニクス製品は、20世紀の社会の暮らしを飛躍的に豊かにしてきました。現在では、医療機器・パソコン・スマートフォンなどのように私たちの身の回りでなくてはならない存在になっています。これらエレクトロニクス製品のコアとなる材料がシリコンに代表される無機半導体です。

日本化薬では、無機半導体に代わる有機半導体の研究開発を行っています。有機半導体は、柔らかいエレクトロニクス製品を創出できるため、さまざまな製品(新しい豊かさを社会にもたらす製品)が提案されています。さらに、印刷で生産することも可能であるため、環境に優しく省エネルギーな半導体生産プロセスを作り上げることができます。有機半導体材料は、近未来のエレクトロニクス社会のキーマテリアルとして学術界・産業界から大きな期待が集まっています。

当社の有機半導体材料は、世界でもトップクラスの性能を有しており、国内外の先導的な研究機関との共同開発を行うなど、事業化を加速するために積極的な協業を行っています。

今後も、日本化薬では、近未来の社会ニーズに応える新規テーマを立ち上げ、計画的な事業展開を図り、社会に貢献していきます。

研究所の概要

  • 無機半導体無機半導体
  • 有機半導体有機半導体
エレクトロニクスの近未来

イラスト拡大

ドローン向け非常用パラシュート安全装置「Para Safe」(商標登録出願済)

物流、測量、点検、災害救助などの分野でドローン(無人航空機)の利活用が世界的に進められています。日本化薬では、エアバッグ用インフレータやシートベルト用ガス発生装置等の自動車用安全部品で培った火工品技術を応用して、ドローン用パラシュート安全装置を開発しています。ドローンの落下を検知し、火工品を遠隔的に作動させることで、高速でパラシュートを展開し、安全にドローンを降下させる装置です。ドローン機体本体、搭載物、人命を守り、社会におけるドローンの活躍の場をさらに広げられます。サンプルワークを通し、ドローンメーカー様からご意見を頂き、安全装置の信頼性を上げてまいります。製品化は、2021年以降を見込んでいます。

ドローン向け非常用パラシュート安全装置 Para Safe

明日につなげる運動発表大会

2018年で59回目を迎えた"明日につなげる運動発表大会"は、業務効率化や生産性向上の改善活動、人材育成、新製品開発などの成果を全社的に発表する場として毎年開催しています。日本化薬本体および国内グループ会社だけでなく、海外グループ会社からも参加する最大規模のイベントとなっています。

発表大会では、参加部署による事例発表がおこなわれ、その中から審査により優秀賞や特別賞を選出し表彰しています。日頃の活動が評価されることで、従業員の改善活動へのモチベーションの向上、やりがいにつながり、他事業場の発表を聴講することにより、新たな考えや課題解決のヒントが得られることも少なくありません。また、発表会後の懇親会では、職種・世代・国を超えた方々とのコミュニケーションにより横の連携を深め、業務に対する視野を広げています。

日本化薬グループの社員が向上心を高め、さらなる次へのステップへつなげていくためのイノベーションの場であるこの大会を今後も継続していきます。

  • 明日につなげる運動発表大会
  • 明日につなげる運動発表大会

KAYAKU spirit Dream and Drive活動交流会

2018年で第7回を迎えるD&D活動交流会は、現場におけるD&D活動について、ざっくばらんに日頃の思いや悩みをぶつける場です。そのため、工場部門を中心とした小規模の会合としており、参加者全員が忌憚のない意見や活発な発言ができるような運営方法をとっています。

2日間に及ぶ本交流会は、1日目に各事業場による事例紹介、2日目に小グループに分かれてフリーディスカッションを行います。2日目のフリーディスカッションでは、D&D活動の進め方や成果の評価方法、困っていること、工夫していることなどに関して話し合います。

少人数単位で気軽に話ができることもあり、活発な意見交換が行われ、情報共有もできることから参加者からも好評です。また事業場の垣根を越えて話し合いを行うことで、他事業場からの刺激を受け、自職場での問題意識の向上、D&D活動の推進につながっていきます。

今後も本交流会を継続し、さらに積極的なD&D活動にしていきます。

  •  KAYAKU spirit Dream and Drive活動:CSR経営を念頭に、主体的に職場の課題解決に向かって、全員の創意工夫により取り組む改善活動。
  • D&D活動交流会
  • D&D活動交流会

全社研究発表会

年1回開催される「全社研究発表会」では、国内4拠点で研究開発に従事する研究員と、社長をはじめとする本社の関係者が一堂に会し、日ごろの研究開発の成果の口頭発表やポスター発表、事業・技術開発に貢献した特許の口頭発表並びに表彰を行います。経営陣と研究員が直接コミュニケーションをはかり、日本化薬の研究開発について意見交換を行います。

2018年度は、各部署が保有する技術に焦点を当てて発表を行い、自部署の技術を再認識するだけでなく、他部署が保有する技術について理解を深めました。組織を超えた研究員同士のネットワークを築くことで、日本化薬が長年培ってきた多くの優れた技術の連携と融合を図り、課題解決やイノベーションの創出を促進します。

  • 全社研究発表会
  • 全社研究発表会
研究のグローバル化

研究のグローバル化

日本化薬の標榜するグローバル経営に従い、研究開発本部では、海外グループ会社を包括したグローバルな連携体制の構築を目指しています。海外子会社の研究員との交流なども図りながら、CSRの観点から以下のような活動にも取り組んでいます。

●海外からのインターンシップ学生の受け入れ
日本化薬では、国内だけでなく海外の大学からもインターンシップ生を受け入れています。インターンシップ生は、日本化薬の研究所で研究開発を中心とするさまざまな活動に取り組み、企業活動や日本文化について学びます。一方、企業側は、若い研究者と一緒に働くことで刺激を受けることができます。今後もインターンシップ生の受け入れを通して、社内風土のグローバル化を進めるとともに、日本の国際交流や海外学生の教育に貢献していきます。

●海外研究機関との共同研究
日本化薬では、海外研究機関および国内外のグループ会社との共同研究にも取り組んでいます。海外グループ会社との共同研究ではウェブ会議を活用し、タイムリーな情報交換を密に行い、研究開発を加速しています。また、海外の大学との産学連携プログラムも活用しながら、最先端の技術や材料をいち早く取り入れ、持続可能な社会を作り出すことを目指します。
長年培ってきた多くの優れた技術の連携と融合をはかり、課題解決やイノベーションの創出を促進します。

ページ先頭へ