重要課題とアクションプラン

日本化薬グループは、企業ビジョンであるKAYAKU spirit「最良の製品を不断の進歩と良心の結合により社会に提供し続けること」を実現するための企業活動としてCSR経営を行っています。CSR経営を行うにあたっては、社内外の視点から当社グループが抱える重要課題を適切に把握し、事業活動と連動した中期CSRアクションプランを策定しています。

CSRと経営戦略

当社グループはCSRと経営は一体であると考えております。KAYAKU spiritを実現し企業価値を高めていくには、中期事業計画の実行と持続可能な社会・環境への取り組みの両輪が必要であり、これらを経営戦略として統合しマネジメントする必要があると考えております。
当社グループは、経営基本方針を『すべてのステークホルダーの信頼に応えるため中期CSRアクションプランを策定し、「生命と健康を守り、豊かな暮らしを支える最良の製品・技術・サービスを提供し続ける」企業として持続可能な社会・環境に貢献すること。』と定めています。この経営基本方針のもと、事業環境や外部ステークホルダーの声を捉えてリスクと機会を把握し、中期的な事業の重要課題(マテリアリティ)を特定するとともに、中期事業計画およびこれに連動した中期CSRアクションプランを策定しています。事業全般にわたり、安全操業・コンプライアンスの徹底・環境への配慮を重視し、高い倫理観を持ちながら、経営戦略と一体となったCSR経営を実践しています。

CSR重要課題(マテリアリティ)

2019年度からの中期事業計画KAYAKU Next Stageの策定にあたり、取り組むべき課題を整理し、CSR重要課題(マテリアリティ)を特定しました。

CSR重要課題(マテリアリティ)特定プロセス

【Step1 課題項目の認識】

多様化する社会から求められる要請事項についてGRIスタンダードで抽出されているテーマをベースに、当社グループのCSRアクションプランで設定されているテーマを加え、課題項目として設定。

【Step2 社内/社外意見のポイント化】

A. 外部評価のポイント化
責任投資を推進している複数の国際的な評価機関からの当社への産業別の評価基準、およびSASBの産業別の要求基準を、課題項目と紐付けし外部評価としてポイント化。

B. 内部評価のポイント化
社内の事業部門を含む主要な部署の責任者へのアンケートを実施し、課題項目について当社グループとしての影響度を評価。主要部署にはヒアリングの機会を設け、課題項目の優先順位度合いについて確認し整理。これに当社グループが過去にCSRアクションプランとして取り上げてきた重要課題の視点を加算し、内部評価としてポイント化。

【Step3 マテリアリティマッピング】

ポイント化した外部評価、内部評価による課題項目をクロスさせ、マテリアリティマッピングを作成。ポイントベースでのマップに閾値を入れ、この値以上のものを重要な項目として特定。

【Step4 妥当性確認と承認】

特定のプロセスおよび特定結果について、CSRの専門家である有識者による意見も取り入れながら、当社の意思決定機関であるCSR経営委員会においてレビューし、2回にわたる審議を経て承認。

日本化薬グループのCSR重要課題(マテリアリティ)

日本化薬グループのCSR重要課題(マテリアリティ)

環境面の重要課題(マテリアリティ)の特定

CSR重要課題(マテリアリティ)の特定により、環境面の項目として、"エネルギー消費量と温室効果ガスへの対応"、及び"排水および廃棄物の削減"が重要課題として認識されました。
このうち、"エネルギー消費量と温室効果ガスへの対応"として、TCFDの提言に基づき、専門家の意見も聞きながら、気候変動に関するリスクと機会を洗い出し、インパクト分析を行いました。2019年度は、特定したこれらのリスクと機会について、製造部門だけでなく、研究部門も巻き込んで、具体的対策の検討を進めていきます。

中期CSRアクションプラン2019-2021

特定したマテリアリティをベースに具体的な取り組み目標を定めた中期CSRアクションプラン2019-2021を策定しました。さらに、策定した課題と目標は中期事業計画KAYAKU Next Stageの重点テーマと統合しており、事業計画における事業戦略と一体で実践してまいります。

【図版】アクションプラン一覧(2019-2021)

中期CSRアクションプラン2019-2021

中期CSRアクションプランとSDGs

当社グループは創業から一貫して、世のため人のためとの想いで、その時代の社会が必要としている製品を生み出し提供し続けてきました。このような経営の考え方は、SDGsの目指す方向と合致しており、既に当社の事業はSDGsを内包していると考えています。当社グループではCSR重要課題(マテリアリティ)をベースにリスクと機会の視点からSDGsをとらえています。これから先も、事業を通じたイノベーションで、現代の社会課題であるSDGsの達成に貢献していきます。

事業機会として貢献する目標

CSR重要課題
(マテリアリティ)
取り組み SDGs目標 SDGsのアイコン
医薬事業 高品質な医薬品を安定供給することにより人びとの健康を支えます 目標3.8 3. すべての人に健康と福祉を
セイフティシステムズ事業 エアバッグやシートベルトなどを支える自動車安全部品をグローバルに提供し、世界中の人びとに安全と安心を提供します 目標3.6 3 すべての人に健康と福祉を
機能化学品事業 省資源・省エネルギー・低環境負荷に寄与する機能性製品や、水利用の効率化に貢献する製品や技術で、持続可能な地球環境に貢献します 目標6.4
目標7.3
目標9.c
目標12.2
目標12.4
6 安全な水とトイレを世界中に7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに9 産業と技術革新の基盤をつくろう12 つくる責任 つかう責任
アグロ事業 使い易く安全で環境適合性に優れた農薬を提供し、安定的な農業生産を支えます 目標2.3
目標2.4
2 飢餓をゼロ

リスクを低減するための目標

CSR重要課題
(マテリアリティ)
取り組み SDGs目標 SDGsのアイコン
(S)
品質と顧客の安全
品質と安全を最優先に、製品ライフサイクルを通じて化学物質等の適切な管理を行います 目標12.4 12 つくる責任 つかう責任
(S)
取引先のアセスメント
サプライヤーの社会面、環境面のアセスメントを通じて、人権や安全衛生に配慮した事業を行います 目標5.2
目標8.8
5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も
(E)
エネルギー消費量と温室効果ガス
中期環境目標への取り組みを通じて、低エネルギー消費型の生産体制へのシフト、気候変動への対応を積極的に推進します 目標7.2
目標7.3
目標8.4
目標13.1
7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに8 働きがいも経済成長も13 気候変動に具体的な対策を
(E)
排水および廃棄物
更なる水資源の利用効率化、排水処理の技術向上、廃棄物の削減に取り組みます 目標3.9
目標6.3
目標12.4
目標12.5
目標14.1
3 すべての人に健康と福祉を6 安全な水とトイレを世界中に12 つくる責任 つかう責任14 海の豊かさを守ろう
(G)
職場の労働安全衛生
すべての職場における安全衛生に配慮し、生きいきと働きがいのある職場づくりを推進します 目標3.9
目標8.8
3 すべての人に健康と福祉を8 働きがいも経済成長も
(G)
コンプライアンス
法令遵守をはじめ、腐敗行為やハラスメントの防止など、あらゆるレベルでのコンプライアンスを強化します 目標16.5
目標16.7
16 平和と公正をすべての人に

中期CSRアクションプラン2019-2021とISO26000の関係

ISO26000の7つの中核主題及びその37の課題と中期CSRアクションプラン2019-2021の各アクションプランの対応表は次のとおりです。

中期CSRアクションプラン2019-2021とISO26000の関係

中期CSRアクションプラン2019-2021とISO26000の関係

CSRアクションプラン2018の結果

中期CSRアクションプラン2016-2018の最終年度である2018年度CSRアクションプランの取り組み結果は次のとおりです。

【図表】CSRアクションプラン2018の結果

CSRアクションプラン2018の結果

CSRアクションプラン2017の結果

CSRアクションプラン2016の結果

ページ先頭へ