研究開発体制

研究開発部門と事業部門が一体となり市場ニーズを的確に捉えた製品開発を行うため、縦のライン「縦糸」の強化を図っています。また、組織を超えた全社的な研究開発の強化として、研究開発本部が知的財産の融合やコーポレート研究の管理などを担い、研究開発全般に関与し、横のライン「横糸」として明確にしています。
この縦糸と横糸が織りなす強靭な組織のもと、知恵と技術の融合による「最良の製品」の創出に取り組んでいきます。

研究所の概要

機能化学品研究所

機能化学品研究所は、機能化学品事業本部のミッションを遂行する研究所として、コア技術を極め、独自の素材開発とその複合化を通じて、付加価値の高い製品の開発に注力しています。情報・通信分野向けの高耐熱性や難燃性を有する環境対応型エポキシ樹脂やマレイミド樹脂などの樹脂素材や、これらの素材を複合化した特徴ある機能化学品を開発しています。また、歴史ある色素技術を深化させ、インクジェットプリンタ用色素や特殊な機能性色素の開発にも注力しています。加えて、アクリル酸などの基礎化学品製造用の高性能触媒の開発を引き続き推進し、逐次市場へ投入していきます。

医薬研究所

医薬研究所・医薬開発本部では、ナノテクノロジー技術を用いた抗がん薬内包高分子ミセルの研究開発を精力的に進めています。また、薬剤費が非常に高額であるバイオ医薬品に対し、安価な製剤の提供が社会的に求められていることから、バイオシミラーを導入しその開発に取り組むとともに、高品質で生産性の高い国産バイオ医薬品を製造するための技術獲得に挑戦しています。さらに、医療ニーズに応える抗がん薬のジェネリック医薬品の開発についても積極的に取り組んでいます。

動物実験における倫理的配慮

セイフティシステムズ開発研究所

セイフティシステムズ開発研究所では、当社の火薬技術を生かしたディスク型インフレータ(運転席、助手席エアバッグ用)、シリンダ型インフレータ(サイド、カーテン、シートクッション、ニーエアバッグ用)、シートベルトプリテンショナー用マイクロガスジェネレータなどの開発を推進しています。また、世界各地に配置された生産拠点の安全部品技術を結集し、グローバルに展開している顧客に、安価で高品質な安全部品をタイムリーに提供する研究開発体制を構築しています。

アグロ研究所

アグロ研究所では、新しい農薬の開発に取り組むとともに、提供する農薬をより安全で使いやすいものにするため、工夫製剤の開発や既存製品の適用拡大に向けた検討を継続的に実施しています。また、現在は、新規殺虫剤「ファインセーブ」の上市に向けた取り組みを重点的に行っています。

会社情報

会社情報

ページ先頭へ