知的財産

知的財産戦略と方針

 KAYAKU Next Stage の重点テーマである「知的付加価値の創造・提供」を推進するため、知的財産部では「知財戦略を有効に事業戦略に活かし、新しい知的財産の創造を通じて、事業発展の原動力とすること」をミッションとして掲げ、次の4つの業務指標を定めて重点的に取り組んでいます。

  1. 質の高い特許出願
  2. 知財戦略を事業に活かす
  3. e-知的財産部
  4. グローバル管理・支援体制
知的財産部長 椚瀬 彰

知的財産部長 椚瀬 彰

Voice!:目指せ!提案型知財

 知的財産部で設定した業務指標は、①他社の注目度と自社の重要度を指標にした、権利の質の向上、②知財戦略を、積極的に押し出し、これを指標として事業戦略とリンクさせること、③AIを利用したSDI戦略について精力的な検討と実践、④国内外のグループ会社の情報戦略も含めた知財マネジメントの中心的な役割を果たす、の4項目になります。
 このうちAIを利用したSDI戦略は一定の成果があがり、注目すべき他社特許の選別が可能になりつつあります。また、知財戦略と事業戦略のリンクについて特に力を入れており、近年試みられているビッグデータの利活用に関連し、特許というビッグデータを分析することで、当社が進むべき研究分野や事業分野について、経営陣に提案することを私たちの目標としています。そのためには、当社の強みとなる技術の棚卸しと、市場や技術の調査を含めた業界動向の解析が必要です。データベースの研究や人材教育による解析力の向上も推進しながら、次世代の日本化薬グループを支える新事業分野の提案につなげたいと考えています。

SDI(Selective Dissemination of Information):設定した条件に該当する特許情報を定期的にチェックし、必要なデータを収集・管理すること。

IPランドスケープ

知財トピックス:IPランドスケープを活用した攻めの知財戦略

 当社では、多くの知財を保有して紛争等に備える「専守防衛」から、良質な知財を保有して事業に活かす「攻め」の姿勢へ転換すべく、知財・市場情報を包括的に分析する「IPランドスケープ」を積極的に活用しています。当社の事業を取り巻く環境変化に対し、市場や競合の情報を分析して業界動向を予想したり、M&A候補企業の保有する知財を競合と比較分析し技術力評価やシナジー効果の検証を行ったりすることで、事業や経営に関わる意思決定に貢献します。研究開発では、当社製品周辺をマクロ及びミクロな視点から分析して、既存技術の新用途探索や新事業テーマ提案などにつなげていきます。今後も引き続き、事業・経営・研究開発部門と一体になって、新用途探索やM&A、協業先の選定、各種意思決定等にIPランドスケープを活用してまいります。

関連情報

知的財産創出の促進(CSR情報)

会社情報

会社情報

ページ先頭へ