1. ホーム>
  2. 事業・製品>
  3. 医薬事業

医薬事業

医薬事業は1931年創業の山川製薬株式会社を前身としています。翌年上市のアスピリンが創生期の主力品で、「山川アスピリン」は当社の代名詞とも言える医薬品でした。1943年には1916年創業の日本火薬製造株式会社と合併し、現在の日本化薬株式会社となりました。医薬事業は山川製薬時代から80余年、一貫して医療用医薬品の研究、開発、製造、販売を行っています。
1969年に抗がん薬「ブレオマイシン」を発売したのを契機に、日本化薬は徐々に抗がん薬とがん関連の製剤を中心とした事業を発展させて参りました。近年は、バイオシミラー、ジェネリック抗がん薬、さらには血管内治療(IVR)分野への取り組みも進め、患者さまに真に必要とされる医薬品や医療材料を信頼性の高い情報とともに医療機関へ提供することに努めています。
今後も、「スペシャリティー、バイオシミラー、ジェネリック」を重点領域とし、「得意技術によるイノベーションの推進、高品質な医薬品の安定供給により、医療の向上と医療費の効率化を通じて社会に貢献する」ことを目指していきます。

関連情報

MINK Web
医療関係者向け情報サイト(医療関係者限定)
IVRナビ
マイクロスフィア製材を用いた血管内治療の安全性向上を目的とした情報サイト(医療関係者向け会員制サイト)
患者・ご家族の皆さま
日本化薬の製品に関連する、患者・ご家族の皆さま向けのウェブサイトのご紹介
診断薬.NET
臨床検査薬関連の情報サイト(医療関係者限定)
日本化薬フードテクノ株式会社
食品、食品品質保持剤、食品添加物の製造・販売
関連グループ会社一覧
このページの先頭へ