1. ホーム>
  2. IR情報>
  3. 経営方針>
  4. 日本化薬の価値創造プロセス

日本化薬の価値創造プロセス

中期CSRアクションプランの継続的な実践を通じて、企業価値の最大化と持続的な成長を目指します。

 日本化薬グループは、企業ビジョン KAYAKU spirit を実現するためのCSR経営の取り組みとして、「中期CSRアクションプラン」を策定しています。私たちは、中期CSRアクションプランの継続的な取り組みを、日本化薬グループの「価値創造プロセス」と位置づけました。この価値創造プロセスの実践による経営資本の増大を通じて、企業価値の最大化と持続的な成長の実現を図ります。

 日本化薬グループの総意として集約した「中期CSRアクションプラン2016−2018」(2017年3月期〜2019年3月期)のもと、私たちは、事業ビジョン「生命と健康を守り」、「豊かな暮らしを支える」最良の製品・技術・サービスを提供し続けることを、4つの事業を通じて実現し、持続可能な社会・環境に貢献しながら、いい会社・強い会社を目指します。

※「中期CSRアクションプラン2016−2018」は、管理部門を含む各事業部門と各グループ会社(連結対象)から寄せられた400件以上のアクションプランを整理し、日本化薬グループの総意として取りまとめられた17項目から構成されています。

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。
このページの先頭へ