1. ホーム>
  2. IR情報>
  3. ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、全てのステークホルダーから信頼され、社会に必要とされる存在であり続けることを目指しております。これを実現するために、株主・投資家等ステークホルダーの皆さまに、タイムリーかつ公平・公正な情報開示を行います。

情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「開示規則」)に従って、公平・公正な情報開示を行います。
開示規則に該当しない情報で、株主・投資家の皆さまの投資判断に重要な影響を与えると当社が判断した情報につきましても公平・公正な情報開示を行います。

情報開示の方法

開示規則に該当する情報の開示は、適時開示情報伝達システム(以下「TDnet」)を通じて公開いたします。TDnetでの開示後に、当ウェブサイトに掲載するとともに報道機関にも同一情報を提供します。
開示規則に該当しない情報を公開する場合も、当ウェブサイトへ掲載、報道機関への情報提供など、公平・公正な情報開示を行います。

将来の見通しについて

当社は、決算短信に記載する業績予想のほか、決算説明会資料や当社の発行する資料の中で、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。過去または現在の事実に関するもの以外は、作成時点で入手可能な情報に基づいています。そのため、今後の当社を取り巻く経済情勢や事業環境などの変化により、実際の業績と大きく異なる結果になる可能性があります。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防止し、法令遵守および公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表までの期間を「沈黙期間」とします。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントは差し控えさせていただきます。
ただし、この沈黙期間中に業績予想が大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い、適宜公表します。

第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は、機関投資家やアナリストとの個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的な事業環境や市場の動向などの情報に限り言及します。
また、第三者による当社に関するいかなるコメント、業績予想等を支持しません。

このページの先頭へ