1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. 研究開発>
  4. 基盤技術について

基盤技術について

日本化薬は、源流製品に基づく「火薬」「染料」「医薬」分野およびその後進出した「樹脂」などの各分野で培ったファインケミカル技術を基盤技術として確立してきました。これらの技術から、またこれらの技術を融合することで、新製品、新事業が生まれています。これからも基盤技術を強化・拡大し、さまざまな技術を融合することで、時代のニーズに応える新製品を生み出していきます。

○火薬技術
火薬や起爆装置である雷管の製造で培った技術を活かして、新たな技術開発に挑み、ミリ秒レベルの制御を必要とする自動車用安全部品の開発に繋げました。
○染料技術
時代の要望と共に変化し蓄積した技術は高度に進化し、インクジェットプリンタ用色素やデジタルカメラなどのカラーフィルター用色素にも活かされています。
○医薬技術
「医薬」の低分子合成技術と、「樹脂」の高分子技術を融合することにより、「抗がん薬内包高分子ミセル」を新たに創生し、現在臨床試験を進めています。
○樹脂技術
さまざまな樹脂の開発で培われた技術は、染料技術と融合させることで偏光フィルムや光学機能性フィルムなどいくつもの製品を作り出しています。

日本化薬の歴史と基盤技術

出来事 基盤技術
1916年
(大正5年)
日本化薬の前身である、日本火薬製造株式会社設立
日本初の産業用爆薬製造メーカーとして誕生
火薬技術
火薬製造技術、雷管製造技術など
1916年
(大正5年)
帝国染料製造株式会社設立
染料技術
染料合成技術、評価技術など
1931年
(昭和6年)
山川製薬株式会社設立
医薬技術
低分子化合物合成技術、製剤技術、評価技術など
1931年
(昭和6年)
殺虫・殺菌・土壌くん蒸剤「クロールピクリン」製造開始

農薬技術

1943年
(昭和18年)
日本火薬製造株式会社、帝国染料製造株式会社、山川製薬株式会社の3社が合併

火薬、染料、医薬 3つの基盤技術の統合

1945年
(昭和20年)
社名を日本化薬株式会社に変更  
1970年
(昭和45年)
昭和電工株式会社との共同出資で、アクリル酸エステルの製造を目的として日昭化薬株式会社を設立

触媒技術

1971年
(昭和46年)
エポキシ樹脂製造開始
樹脂技術
樹脂合成技術、加工技術、評価技術など
1992年
(平成4年)
エアバッグ用インフレータ製造開始  
このページの先頭へ